北海道札幌市の自家焙煎コーヒー豆専門店です いつも新鮮な豆を販売しております

トップ表示記事の記事


今週のお買得珈琲豆 20%引き(税込)
06月17㈭~06月21日㈪ (ご来店様限定)

・ブルマンブレンド  ハイロースト
味と香りの高級ブレンド    886円 → 709円
ブルーマウンテン№1ブレンド

・ブラジルサントス  ハイロースト
軽い苦みとコク       432円 → 346円

 


皆様こんにちは!

コーヒー好きの[kinon]です。

5月に入りGWも終わりましたが、北海道も2度目の緊急事態宣言が発令され、今回も誰もがコロナ禍により生活に支障がでております。
個々の小さなことであったとしても、行動や心掛け次第で、早く終息に結び付くかと思います。何とか乗り越えたいですね。

今回は…
☆ 飲み方あれこれシリーズ⑨ ☆
「コーヒーのテイストとアロマを活かす~コーヒーをおいしくいれる その1」
の記事を書かせていただきました。

皆さんは、コーヒーをご自身で入れる時どのような方法でされますか?

ドリッパーとサーバー、コーヒーメーカー、サイフォン、フレンチプレス、エスプレッソマシーン等々…沢山の方法がありますね。

今回は、上記すべてを説明すると膨大になるので…

少しコーヒーにこだわりのある方は、「ドリッパーとサーバー」を用いて抽出される方が多いのではないでしょうか。
今回はこの方法を前提にしてお話しします。

抽出とは、「コーヒーをいれること」ですが、お湯か水にコーヒー成分を移動させる作業です。

①水の温度(抽出時の適正な温度90度~+5度程)
→温度が高ければ抽出速度が速くなり、コーヒーの成分が早く水に移行する率が高く、温度が低ければ、抽出時間がかかる。

②コーヒーの粒度(ドリップコーヒー:中挽き位)
→挽き方が細かいとコーヒー成分が早く水に移行する率が高く、荒いと抽出時間がかかる。

③抽出時間(長すぎるとクドい、短いと香りや味わいが不足)
→抽出時間が長すぎれば、良きも悪き等、あらゆるモノが出て、短かすぎれば、成分が抽出不足になる可能性がある。

④コーヒーの量(コーヒー計量スプーン1杯10g~12g程)
→粉の量が多ければ香味が強くなり、少なければ薄くなる。

上記によって違いが生じ、①~④それぞれのバランスによって良くも悪くもなります。

ドリップコーヒーで使用するドリッパーは、メーカーにより、一つ穴、三つ穴等ありますが、今回は「一つ穴」の円すい型で抽出してみました。

コーヒー豆は、豆の木さんの「ホンジュラスHG」シティロースト24g、中挽き、お湯は温度計では計りませんでしたが沸騰してすぐのものを使いました。
それを290gまでお湯を注ぎました。

上記の条件で湯の注ぎ方の速度のみを変えた2パターンで行ってみました。

<1>ドリッパーのコーヒーの粉を均等に入れ、少し湯を含ませて20秒蒸らし、膨らんだら盛り上がった中心から「のの字」を描きながら規則正しいサイクルで注ぎ、最後までコーヒーの粉の層を崩さず抽出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<2>ドリッパーのコーヒー粉を均等に入れたが、蒸らさず、おおまかに「のの字」を描き一気に注いで抽出。

ドリッパーコーヒー抽出の最後は、A.湯を落とし切る B.雑味成分が落ちないように
湯を落とし切る前にドリッパーを外す と、さまざまな情報がありますが、

<1>の映像で残っている「細かい泡」は雑味成分と述べている教本が多く、その説が正しいとなれば、サーバーには落ちていないとなり、<2>の映像は「細かい泡」は残ってないので、サーバーに落ちているとなります。

<1>と<2>試飲してみると、

<1>は美味しいコーヒーでしたが、<2>は美味しい香味はなく、何かボケた風味を感じました。

今回は、抽出速度を変えただけで違いがでました。

となると、抽出の最後にドリッパーを湯が落ち切る前に引き上げても湯の注ぐ速度が速すぎると、雑味はすでに落ちてしまっている一方、良い香味成分は抽出不足でその作業は意味がない印象を受けます。

エスプレッソマシーンやパーコレーターサイフォンは、設定した湯量で抽出しきります。

他に、美味しいコーヒーの要素には、抽出方法だけでなく、良い品質のコーヒー豆が、適正な焙煎で行っている事がもっと重要です。

カッピングの際は、サンプルの入ったカップに湯を注いで浸漬するので、湯にコーヒー成分がだいたい移行してしまいます。
欠点がある雑味成分が多いサンプルは、冷めた時により強くわかります。
一方、高品質のサンプルは、冷めても不快な香味は感じられません。

他にも、「浸漬」という抽出方法でフレンチプレスや、コールドブリュー(水出しコーヒーで低温の環境での抽出と水で長時間かかります)があります。

となると、美味しいコーヒー豆を用いて、ある程度、適正な抽出が行われれば、雑味成分はあまり気になるところではなく、個人の主観で、何を引用するかは個々人の自由で、良いところ取りで好みのコーヒーを淹れることができればよいのかと、私は思います。

次回も、また何にしましょうか~

ご興味のある方は、またお付き合いください~

 

豆の木の店主より
kinoさん、ハンドドリップの淹れ方を比較していただき、ありがとうございました。
お客様から、淹れ方についての質問が一番多く、ネットでこんなコーヒーの淹れ方を見たのですが、とか、美味しく淹れる方法はとか、色々聞かれます。
私は、コーヒー豆の素材と鮮度、適正な抽出(抽出時の温度90℃前後と蒸らす)を行えば、個人の淹れやすい抽出方法がベストですよとお答えしています。
今回の、kinoさんの投稿を多くのコーヒー好きの方に見ていただき、もっと美味しいコーヒーを楽しんでいただけたらと思います。
次回の投稿も楽しみにしています。


皆様こんにちは!

コーヒー好きの[kinon]です。
2021年のご挨拶が大変遅れてしまい申し訳ございません。

毎年、親戚など、何らか集まっていた年末年始でしたが、今年は、誰も訪問者がなかった!前代未聞な新年でした。
それでも、元旦から、コーヒーを楽しむことは相変わらずでした。

昨年は、コロナ禍による影響が多い年でしたが、ワクチンの接種も具体的に動き出しそうなので、今年の丑年こそは、コロナの終息を迎える年になるといいですね。

 

今回は…
企画「コーヒーのテイストとアロマを活かすシリーズ」前の第二弾は「コールドブリュー」(水出しコーヒー)でしたが、第三弾[ナッツ]について、記事を書かせていただきました~

kinonは、よくナッツを間食時食べます。

昔は、お酒のおつまみとして、塩分がきいてフライドしたもので嗜好品として食べていましたが、最近は、素焼きで無塩のナッツが、1袋小分けに何種類か入っていて、健康食品として摂取する傾向もありますが、私は、やはり嗜好品として味わう要素が強いです。
味や形や食感もさまざまで、違いを楽しめます。

 

 

カロリー自体は、高いので、太るのでは??と思われますが、ナッツの脂質は、身体に良い作用を持つ「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」から成るもので、悪玉コレステロールを減らし、糖質も低く、脂質や糖質を吸着して体外に排出する働きのある
食物繊維も豊富に含んでいるとのことです。
という特徴を知ると、太るという罪悪感はなく食べれますね(笑)でも、食べすぎはいけません。

他にも特徴的なナッツが世界には、多種類ありますが、人それぞれ好みがあるかと思います。

コーヒー豆のテイストやアロマの特徴を表す1つとして、「Nut-like:(ナッツのような)」と表現することもあります。

好感を持てる時「香ばしさ」を表現したい時に引用しますが、一方、油っぽさが不快さに感じる時にも表現します。

私の場合は、ナッツのような~という表現は「良い香ばしさ」を感じる時だけ使います。

「Le Nez du Café」(ルネデュカフェ)という36種類のコーヒー用アロマキットがあり、4グループに分類されているのですが、その1つのグループ「Suger-Browning」は、焙煎過程における糖の褐変によって起きる香気成分で抽出したてのアロマの中に感じられるものだそうで、下記4つのナッツ系はその分類に入ります。

〇ロースティドピーナツ

〇ロースティドヘーゼルナッツ

〇ロースティドアーモンド

〇ウォルナッツ(くるみ)

上から3つは、ロースティド(炒った)という表現は好ましい印象を受けます。

ウォルナッツ(クルミ)はロースティドでないのは、なぜ故なのか分かりませんが生クルミの油のにおいが良い印象を受けない場合もあるのかもしれません。

実際、素焼きのナッツを食べた時風味が良くないものに当たってしまうことがあります。

恐らく焙煎して時間が経ち酸化したか、パッケージの包材が良くないため劣化してしまったのでしょう。

やはり、焙煎した物は、ナッツもコーヒーも「したて」が重要ですね。

ちなみに、私は、ナッツを食べる時は豆の木さんの「モカマタリ№9」「モカシダモG2」「ケニアAA」等の「フルーティーな酸味」のあるコーヒー豆がナッツの香ばしさを引き立てるようで、好みです。

もちろん、個人のお好みで、ナッツと合うコーヒー豆を他にも探してみてください♪

次回も、また何にしましょうか~

ご興味のある方は、またお付き合いください~

 

豆の木の店主より

ナッツの脂質は、身体に良いこと、ナッツは食物繊維が豊富なことは知っていましたが「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」から成り、悪玉コレステロールを減らし、糖質も低く、脂質や糖質を吸着して体外に排出する働きのあるこは知りませんでした。
kinonさん、ナッツ好きには嬉しい情報をありがとうございました。

 


現在、配送遅延は解消されております。

2021年01月15日
当店取り扱いの配送業者の佐川急便は、現在大雪のため配達が大幅に遅れています。
尚、札幌市(白石区・厚別区・豊平区・清田区・南区・中央区・東区)・北広島市・江別市
上記エリアに向けた荷物の配達が停止しています。
大変、ご迷惑をお掛けしますが、ご注文の商品の到着日が遅れますので、ご了承ください。

スペシャリティ珈琲豆 ブラジル産 キャラメラードの生豆が入荷致しました。


日頃よりお引きたて誠にありがとうございます。
年末年始は
12月30日㈬~1月7(木)9日間 休業させていただきます。
尚、通常定休日の火曜日12月29日㈫は営業し、年明けは 1月8日㈮からの営業となります。

来年も変わらぬご愛顧の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。


悪天候の中、多くのお客様のご来店ありがとうございました。
発送注文をご希望されたお客様の商品は、本日12月28日㈪に全て発送致しました。
お届けまで、もうしばらくお待ち下さい。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


皆様こんにちは!
コーヒー好きの[kinon]です。

12月に入り、バタバタとしておりますが、今年は、新型コロナウイルスの影響で誰もが、いままでと違うスタイルでの生活になりましたので、これからは、個々で対策や行動を考えながら、年末年始を少しでも明るく過ごせるよう、この事態だからこそ、いままで気づけなかった事を見つけて、前向きに進んでいけることを祈っています。

今回は、豆の木さんに来店された方は、入り口でお見受けする「コーヒーの木」についてですが、12月現在は、大きなサンタクロースさんと並ぶほど、すくすくと育っております。 店主さんからお話を聞いたところ、お知り合いの方がコーヒーの種子から育てた苗を譲り受けて、現在あの大きさにされたとの事(違っていたらスミマセン~)北国でも、元気に育っている「コーヒーの木」を見て、今後どうなっていくか楽しみです♪と、以前からそのように思っていた中、3年程前に知り合いから貰ったコーヒーの生豆がある事を思い出しました。

コスタリカ、ハニー、ナチュラルと記載がありましたので、コーヒーの実を、そのまま乾燥させ脱殻したもので、もしかしたら芽が出るかも…と、一晩 水に漬けておいたところ、生豆の半分の割合で根が出ていました!

数年経過していて、乾燥した状態でも出るものは出るんだ!と、つい嬉しくなり、その後、根の出た生豆だけ土に埋め、定期的に水やりしながら1ヶ月ほど待ちましたが、反応はなく…おもいきって掘り起こしたところ、やはり種子がふやけており、根も喪失しており、成長しておりませんでした。

 

成長しなかった原因はなんだろう?と振り返りますと、植えたのは10月初めだったので温度が低かったからか?水分不足か?栄養分が足りなかったのか?等々原因がありそうですが、一番の原因は、恐らく生豆の状態かと思われます。
コーヒーの栽培を調べると、発芽は「芽が出ると、内果皮(パーチメント)をかぶったままの状態で、芽が伸びてくる」とありました。

 

 

となりますと、私たちが飲んでいるコーヒー豆は、内果皮(パーチメント)まで取り除いた、コーヒー豆の胚乳部分ですので、今回のサンプルは飲用の焙煎前の生豆で、「内果皮(パーチメント)」は脱殻されて、ついておりません。

恐らく、内果皮(パーチメント)が無いと、発芽まで成長しないかと思います。
と、根本的な不備により、今回は失敗でしたが、栽培用の「内果皮(パーチメント)」のついてあろう種子を某通販サイト等で購入して、どこかでリベンジしてみます!!

もしかしたら収穫したてのコーヒーの実(チェリー)をゲットして、このまま植えると発芽率が、一番高いかもしれませんが、コーヒーの実の入手は恐らく難しいです。

豆の木さんの「コーヒーの木」に白い花が咲いて、受粉して赤い実をつけるようになり、その実で1から栽培できたら面白いですね。と、今回は、生豆にも生命がある!と実感できた、嬉しい出来事を書かせていただきました。

次回も、また何にしましょうか~

ご興味のある方は、またお付き合いください~

 

豆の木の店主より

kinonさん、ありがとうございました。生豆からの発芽について、興味深く読ませていただきました。
店にある「コーヒーの木」は、豆の木の周年記念にお客様にお配りした時の苗で、その苗が育ったコーヒーの木です。
知り合いから譲りうけた『コーヒーの木』は自宅で元気に育ています。
豆の木にあるコーヒーの木は、残念なことは、コーヒーの木の品種が分かりません。コーヒー木とだけです。
今回kinonさんが、『コスタリカ、ハニー 、ナチュラル』の栽培に挑戦され発芽して育ち、実が収穫できたら良かったなと思いました。

お客様のある方は、3年収穫した実が約150g程になり、一度豆を焙煎した事がありました。
kinonさんが、育てて収穫したコーヒー豆を焙煎出来ることを楽しみにしています。さて何年かかるかな(笑)

次回の投稿も楽しみにしています。よろしくお願いします。