北海道札幌市のコーヒー豆の店 いつも新鮮な豆を販売しております

合毎日新鮮な珈琲豆を。自家焙煎の店「フレッシュローストコーヒー豆の木」

香り高いおいしい珈琲は豆の鮮度で決まります

roaster.jpg

当店では、品質の良い生豆を仕入れ、
すべて店内で自家焙煎しております。
少量焙煎で焼き置きを抑え、
毎日新鮮な珈琲豆をと心掛けています。

オーダー焙煎は、
ご希望に応じてその場で焼き上げます。

また、店内にて新鮮なコーヒーもお飲みいただけます。
その都度ミルで挽き、ドリップで丁寧に落とします。
豆購入でお迷いの方には、試飲サービスも致します。

ご来店の際の事前予約・配達・オフィスコーヒーのご注文は『お問合せ』からお願い致します。

☆「ブラジルサントス」と「フードペアリングしてみた!その⑦」☆


皆様こんにちは!

コーヒー好きの[kinon]です。

2018年9月6日に起きた
北海道胆振東部地震につきまして
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますと
ともに、被害が大きく、未だに大変ご不便な生活
をされている方々の生活が一刻も早く戻られるよう
に願っております。

私たちの在住地でも地震により起こった
「ブラックアウト」で
いかに電気に依存して暮らしていたかという
ことを痛感した出来事でありました。
どこで何かが起きてもおかしくない時代
日頃から心構え、備えは不可欠であることを
教えられました。

2018年10月は、

豆の木さんの「ブラジルサントス」を購入したので
それに合わせてフードペアリングしてみました。

「ブラジルサントス」ですが、

コーヒー豆のネーミングも産地によるものが主ではありますが

ブラジルの「サントス」は積み出された港の名前から
きているものです。

現在は、色々な流通経路があるようですが、
以前は、同じ産地のコーヒー豆は一定の流通経路で出荷されて
いたので港の名前でも産地の特定ができたそうです。
「サントス港」は輸出で使われる大変代表的な港です。

エチオピアやイエメンの豆も、「モカ」港から輸出されていたそうですが
現在はその港は無くなりましたが、名残で豆の取引名として使われて
います。

イエメン→モカ マタリ

エチオピア→モカ ハラー・モカ シダモ 等

今回のコーヒー「ブラジルサントス」のお味ですが、

全体的に酸味・甘味・苦味・ボディと平均的なバランスで
後味がライトな印象で、ブラジルの定番テイストです。

豆の木さんの焙煎具合がちょうどよい特性を出しています!

今回のフードペアリングですが、

「エンガディナーヌストルテ」
という、はちみつ入りキャラメルのタルトを作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか舌を噛みそうな名前ですが、スイスのエンガディンという
地方で生まれたお菓子で、くるみをカラメル・蜂蜜・生クリームで
煮詰めたものをタルト生地で包み焼いています。

材料から結構高カロリーかもしれませんが(笑)、
ねっとりとしたキャラメル状のものにクルミが絡み、さくっとした
タルトが秋らしい風味で、

ブラジルサントスのバランスの良いライトなテイストにとても良く合います。

*結果は…

ブラジルサントスのバランスの良いライトなテイストと
蜂蜜とキャラメル・クルミと合わさった重厚な香ばしさと
甘さが・・・

味の調和を整える *バランス効果*!!

という判定をさせていただきます。

バランスの取れたコーヒーと
テイストに濃厚なインパクトのあるお菓子との調和をとること
で、この両者の後味がとても良いものになりました!

皆様もぜひ、
秋はたくさんの旬の食べ物がありますので
お好きなコーヒーとのペアリングを試してみてはいかがでしょうか。

次回も、また何にしましょうか~

ご興味のある方は、またお付き合いください~

豆の木の店主より
北海道胆振東部地震で、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また甚大な被害をされた方々の、一刻も早い復興を願っています。

kinonさん、投稿ありがとうございました。
「エンガディナーヌストルテ」は食べた事はあると思います。
スイスのエンガディン地方の伝統菓子とは知りませんでした。
エンガディナーヌストルテとブラジルサントスのペアリング評価は『味の調和を整える*バランス効果*』
私にも、想像できるフードペアリングでした。
kinonさん、次回も楽しみにしています。