北海道札幌市のコーヒー豆の店 いつも新鮮な豆を販売しております

合毎日新鮮な珈琲豆を。自家焙煎の店「フレッシュローストコーヒー豆の木」

香り高いおいしい珈琲は豆の鮮度で決まります

roaster.jpg

当店では、品質の良い生豆を仕入れ、
すべて店内で自家焙煎しております。
少量焙煎で焼き置きを抑え、
毎日新鮮な珈琲豆をと心掛けています。

オーダー焙煎は、
ご希望に応じてその場で焼き上げます。

また、店内にて新鮮なコーヒーもお飲みいただけます。
その都度ミルで挽き、ドリップで丁寧に落とします。
豆購入でお迷いの方には、試飲サービスも致します。

ご来店の際の事前予約・配達・オフィスコーヒーのご注文は『お問合せ』からお願い致します。

☆飲み方あれこれシリーズ①「アイスコーヒー」☆


皆様こんにちは~(*^-^*)!

とうとう豆の木さんHPにページ作ってもらっちゃった[kinon]です。

フードペアリングシリーズも続けさせていただいている中、

いつもはホットコーヒーばかりの私ですが、

7月から続く札幌の暑さが続く中「アイスコーヒーが飲みたい!!」と

豆の木さんからちょうど焙煎の深い円山ブレンドを購入したので、

衝動的にアイスコーヒーを作りました。

私は通常ホットコーヒーは、計量スプーン1杯約15gくらい・120㏄くらいのお湯で

ドリップするのですが、80㏄くらいにお湯を減らしてドリップしたのを、

グラスに山盛りにしたロックアイスの上に一気に注ぐ!!!という方法で作りました。

皆さんはアイスコーヒーにどのようなイメージがあるでしょうか。

どこで飲んでも色が濃く苦いものだという印象を受ける方が大半だと思います。

アイスコーヒーには焙煎が深いコーヒー豆を使用しているからです。

なんで焙煎が深いものを用いるの?というと、

冷たいものは舌を鈍感にさせるため、甘みや酸味などは感じにくいのですが

苦みは比較的強く感じるからです。

(そんなことない!!とお感じの方がおりましたらお流しください…)

焙煎豆を比較した写真を載せました。

 

向かって右がブラジルサントスで左が円山ブレンドです。

左の円山ブレンドのほうは色も濃く大変テカっております。

これは、焙煎が進むにつれて豆が膨らみ、豆の表面に亀裂が、

中はスカスカになって油が表に出てきてしまうからです。

わたしはコーヒーのことを知らない頃は、なんか塗っているのかしら~と

思っておりました。

そして豆に含まれている成分にも変化が起き、濃さや苦みが増します。

コーヒーの焙煎も色々な条件によって変化が生じるところは

本当奥深く、また別の機会があればアップしますね。

そして、コーヒーを少し知ると、当店はアラビカ種のみ扱っています!

と、お耳に・目にした方はいらっしゃるかと思います。

(豆の木さんもアラビカ種専門ですよね店長!)

コーヒーの品種は主にアラビカ種とカネフォラ(ロブスタ)種があり

ロブスタ種は、苦みをもつ成分カフェインやクロロゲン酸類が

アラビカ種より多く含まれ、逆に甘みの成分(少糖類)が少なく、

インスタントコーヒー・安価なレギュラーコーヒーに用いられることが

多いのですが、こちらをアイスコーヒー用の豆にブレンドするところも

あります。

以前、昔(昭和時代)の漫画を読んだ時があり、

喫茶店でアイスコーヒーを注文するリーゼントのワイルドな男っぷりのいい人が

「マスター!レイコ―(アイスコーヒー)頂戴!!」とオーダーし

ブラックなものをストローなしで飲み干す!!というシーンがありました。

これは、きっとロブスタ種で作ったうんっとビターなものだったに違いないと

思います。

昭和時代は、ブラックコーヒーを飲むことが男らしさをアピールすることに繋がっていた

いた印象を受けますが、現在カフェを利用したとき、様々な男性が、ミルクたっぷり

チョコレートやキャラメルシロップで味付けしたラテを飲んでいる光景をけっこう

目にしますので、コーヒーの飲み方は性別(老若男女)に関係ない時代になったようです。

次回は、何にしましょうか~考え中ですが、

ご興味のある方は、またお付き合いください~

豆の木の店主から
「Kinon」さん、当店はアラビカ種のみ取り扱っています(笑)