北海道札幌市のコーヒー豆の店 いつも新鮮な豆を販売しております

☆フードペアリングしてみた その⑤☆


皆様こんにちは!

コーヒー好きの[kinon]です。

2017年12月は師走ということもありバタバタしており記事をお休みしましたので
2018年1月、今年初の記事になりました。

昨年12月に豆の木さんで初登場した
「グアテマラ (フィンカ・コロンバ農園)」の飲んだ感想と
「モッフル(餅)黒蜜きなこ」のフードペアリングを同時にしてみました。

         

昨年12月セールのお葉書をもらった方で、おやっ初だわ!!と
すでに購入された方もいらっしゃるかと思われますが
「グアテマラ (フィンカ・コロンバ農園)」につきまして
今回とても興味深かったので、飲んで感じた事をお伝えしたいと思います。

生産国:グアテマラ(ウエウエテナンゴ県ラ・リベルタッド村)
商品名:グァテマラ・フィンカ コロンバ農園
精製法:フルウォッシュド(水洗式)

飲んだ印象は下記の通りです。

① 酸味  弱 ★  ☆  ☆ ☆ 強
② 甘味  弱 ★  ★  ☆ ☆ 強
③ 苦味  弱 ★  ★  ★ ☆ 強
④ ボディ 弱 ★  ★  ★ ☆ 強
(味の重厚さ)

後味:良い
バランス:③苦み④ボディが印象的
印象:カカオのような香ばしさが広がる
感想:ビターチョコレート様な苦みやボディがしっかり感じられた
深みのある素敵なお味と香りでした!!

中米グアテマラは、メキシコの下に位置し日本にもコーヒー豆を輸出する代表的な国です。
標高の高さにより品質の格付けが行われ、豆の木さんのHP通信販売コーナーの説明でも

https://coffee-mamenoki.jp/shop/products/detail.php?product_id=24

標高が1800~2000mとあります。
標高が高いところでは高品質なお豆の収穫が期待されますので
大変良いお豆だと思います。

グアテマラは全体的に酸味・甘味・苦味・ボディと平均的なバランスで
後味がライトな印象を受けていましたが、こちらは農園限定ということなのでしょうか~
とてもビターなテイストに意外な感じがしました。
精製法も、フルウォッシュド(水洗式) という最近多くなってきた
専用の機械で粘液質を除去する方法も独特なテイストを生み出しているのでしょうか。

苦味・ボディが強いということは甘味・酸味はないの?
と思われるかもしれませんが、あとでじわっと感じることができます。
それでビターチョコレートのようだなと。
豆の木さんでもアーモンドのような…という記載がありますので
確かにナッツの要素も感じます。

そして、元旦にお雑煮を食べて、2回目に食するお餅を強引に
コラボしたくなり、お餅をワッフルの機械で焼いた「モッフル」に
黒砂糖を煮詰めた「黒蜜」と「きなこ」をかけてみました。

お餅の焼いた・きなこの焙煎した香ばしさ、黒蜜の複雑な蜜の味の和テイスト…
そして、グアテマラ フィンカ・コロンバ農園のカカオ要素の香ばしさ…

結果は…グアテマラ フィンカ・コロンバ農園のビターチョコレート様な香ばしさ
黒蜜の濃厚な糖度と「きなこ」の香ばしさ・餅の香ばしさ~あらゆる方面の香ばしさの
オンパレードがよりお互いを深めた相乗効果
!!

という判定をさせていただきます。
皆様もぜひ、お餅などの和のテイストと試してみてはいかがでしょうか。

次回も、また何にしましょうか~
ご興味のある方は、またお付き合いください~

豆の木店主より
kinonさん、今年初の【フードペアリング】ありがとうございます。
ワッフルが和風になるなんて面白いですね。
時節がら(鏡開き)お餅があるので、和テイストに挑戦してみたいと思います。